LIFE IS EDUCATION ~体育教師留学奮闘記~
07 | 2016/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログ ”Teach for Japan”
新しいブログを立ち上げました。

名づけて ”Teach for Japan"

http://teachjapan.exblog.jp/

ここでは、Teach for Americaの説明を行うとともに、日本での実現の可能性や 活動の報告をしていきたいと思います。

引き続き、応援をよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
ブログ終了のお知らせ
やっと好きになり始めていたCambridgeの街並みが恋しくなってきている夏男です
RIMG2605.jpg


留学生活終了と同時にブログを閉鎖する事に致しました。

2007年の5月21日にハーバード合格を目指す事を宣言してから、早2年以上経ちました。

多くの方に応援していただいた結果、ハーバード合格を勝ち取る事ができ、そして無事卒業する事ができました。

読者の方々には本当に感謝しております。
ありがとうございます。


ブログを書いていて本当に良かったな、と最近思います。
このブログには本当に多くの思い出が詰まっており、読み返してみると胸がいっぱいになるくらい色々な事がありました。

そういった思い出を記録する機会にもなりましたし、自分の成長に気が付く事ができる良い機会にもなりました。

生意気にも教育論を語り、そしてお叱りを受けながら自分の未熟さにも気が付く事ができて良かったです。

教育大学院を卒業してもまだ未熟者です。

しかし、自分にはパッションがある。

日本の教育に心底貢献したいと思っております。

未熟者でも、パッションで未熟さをカバーしながら今後も日本の教育の発展に貢献できるように、自分にできる事精一杯頑張ります。

このブログを書き始めた目的としては、記録としての目的もありますが、留学を考えられている方に少しでも参考になればと思って書いておりました。
自分自身、留学準備中に色々な壁にぶつかり、苦しんだ時期がありました。

そして、様々なブログに助けられたのも確かです。

今後も、僕のブログが留学準備に励んでらっしゃる方の参考になればと思います。


今後の情報発信についてですが、新しいブログを開設したいと思ってます。
開設次第連絡させていただきます。

留学準備を綴った「体育教師がハーバード目指す遠き道のり」から
留学中の生活を紹介した「Life is Education」

次のブログの名前は「Teach for Japan」にしようかと考えています。

更新頻度は落ちるかもしれませんが、自分の活動報告の場所に出来たら良いなと思います。

RIMG2585.jpg

今まで、本当にありがとうございました。
そして、引き続きよろしくお願い致します。


2009.6.15    夏男


**

一年間ありがとうございました!!
        ↓↓
人気ブログランキングのクリックお願いします


卒業後の進路
色々と質問を受けるので就職について少し書かせていただきます。


10月からコンサルティングファームで働く事となりました。

その中でも、公共セクターの分野を希望しています。(無論、希望通り行くとはおもいませんが、、、)

教育の分野も一応は手かげているのですが、限られています。

「なんだ、今まであれだけ教育の事を語っていた癖に、ビジネスの世界かよ」と思われる方がいらっしゃるかもしれない。

しかし、僕はビジネスの世界に入るには理由がございます。


1.  教育にはビジネスの視点が必要。これは競争原理を教育に持ち込むべきだとかそう事ではないです。僕は現在の教育現場は非効率な部分がありすぎると考えています。その組織を効率よく運営する事によって、どれだけ教育の質が向上する事か、、、 学校組織としてもっと効率良くする必要があるのです。 効率よく業務をこなす事によって教員は余計な仕事にとらわれず「子供の為」だけに指導する事に打ち込めるようになります。

2.  コンサルはお客様にソリューション(解決策)を提案するのが仕事です。今まで、教育問題や指導法に研究してきましたが、その分、色々な教育論が頭の中に混在していて、まとまりがある提案をする事が難しくなっています。しかし、コンサルで一つの「最良」のソリューションを提供するという訓練をする事によって、これらの混在しているアイディアをうまくまとめ、プレゼンする事ができるようになりたいです。

3. 教育の世界はあまりにもビジネスに疎すぎる。僕は教育とビジネスは通じるものがあると思います。たとえば、教育もお客様=生徒、保護者を満足させるものでなければいけないサービス産業だと思います。  しかし、今の日本の教育を考えてみると、あまりにも生徒や保護者のニーズを汲み取って教育をしていないと強く実感しています。

学校を運営するにもそうです。学校の校長先生なんていうのも経営のスキルが必要ではないでしょうか?社員(教員)を100人抱え、そして中には1000人近い生徒を預かっている訳です。僕はこれはまさに経営だと思います。アメリカでは校長先生養成のプログラムだけに限らず、教育大学院授業では多くの経営の授業をとる機会があります。それだけ学校運営においての経営者の視点はアメリカで重要視されています。



コンサルは期間にとらわれる事なく、ノウハウを吸収し、会社にも貢献する事ができている事を実感する事ができたら”卒業”する予定です。

そこから自分の今まで培った人脈、教育論、情熱を最大限に生かし、自分の理想とする学校や教育NPO法人を創りたいと思っています。

もちろん”Teach for Japan"のアイディアの普及、協力者などを探していき、時期がきたらこちらも立ち上げを考えています。

教育とビジネスは違います。しかし、共通する必要な能力があると思っています。

この就職は自分の目標・夢に向かっての第一歩だと思っております。

**

無事卒業!!
留学生活も残りわずか!!
応援よろしくお願い致します。
        ↓↓
人気ブログランキングのクリックお願いします

そして卒業
6月4日 ついに卒業式を迎えました。

街全体が卒業祝いムード。
近くの有名なチョコレート屋さんも例外ではありません
RIMG2713.png




ハーバード大学の358回目の卒業式。

アメリカの最古の高等教育機関の卒業式には伝統がたくさん詰まっています。

午前中には全スクール全体の卒業式(Morning excersise) がハーバード ヤードで行われました。

2万人を優に超える卒業式が誇りある表情でMemorial Church とワイドナー図書館の間の広場に集まりました。
RIMG2777.jpg


もう人はパンパンの状態

本当に伝統的な卒業式の雰囲気があって、長い歴史を感じることができます。

その一つの例として、ラテン語でスピーチをする学生もいました。
どうやら、昔はハーバードの授業は全部ラテン語で行われていたとか、、
その伝統を今でも引き継いでいるわけですね。

卒業証書もラテン語で書かれているという噂だったのですが、教育大学院のはちゃんと英語でした(笑
他のスクールはどうかわからないですが、、、、

各スクールのDeanが各スクールの卒業を宣言し、Harvard全体のプレジデントがConfirmする行事がありました。

そのときには各スクールがそのスクールを代表する小物を振ります。

教育大学院は
RIMG2789.jpg

この本は卒業式終了後に恵まれない子供たちに寄付されます


Law schoolは裁判で使う木槌
RIMG2778.jpg

ケネディスクールは地球の形をしたボール
RIMG2795.jpg

デザインスクールはHatに作品を飾ってました
RIMG2783.jpg



ビジネススクールは例年一ドル札なのですが、景気が悪いから自粛したのか、今年は自分の国籍を表した国旗を振ってました
RIMG2779.jpg



午後には教育大学院の卒業式(卒業証書授与式)がありました。
ここでは一人ひとり名前が呼ばれ、手渡しで卒業証書が渡されます

Deanとも写真を撮るのですが、そこでの注意事項が卒業式の直前に学生全員に以下のように送られました。

We have just received information that HUHS is now recommending all schools at Harvard forego handshaking and embraces during their commencement ceremonies. During the HGSE Diploma Ceremony, students will take their diploma in the right hand and not hug or shake hands with either the faculty director or the dean. The dean will pose side-by-side with each graduate for a photograph at the center of the stage. Thank you for your patience and cooperation with these instructions for tomorrow.



どうやら豚インフルエンザの影響で握手などは禁止という事になったようです。
おいおいおい、、、という感じです(笑

そういえば、当日は会場にいたるところに消毒液が配置されてました、、、、
どんだけ、、、という感じですね


実際に、卒業してしまうと色々と考えますね。
自分のこのハーバードでの一年の学びについて、自分の今後についてなどなど

でも、考えても考えても、この一年間は僕にとって意味のある一年だったと確信しています。
今、この時点で自分の将来のビジョンが明確になっていて、一歩づつ進む覚悟ができているだけで、この留学は意味のあるものだとおもいますし、ここで出会った人、そしてそこから学んだ事はPricelessです

詳しくは後日


改めて卒業はゴールではなく”始まり”でしかない事を強く思いました
明日からの人生、一つ一つの事が楽しみです
RIMG2570.png


ひとまず、卒業のご報告をさせて頂きます。



**

無事卒業!!
留学生活も残りわずか!!
応援よろしくお願い致します。
        ↓↓
人気ブログランキングのクリックお願いします





Teach for Japanプレゼンテーション
更新が遅れてすみません!!

卒業間近は本当に忙しいもんなんですね!!
しかも違った忙しさ。

今までは課題に追われたり、ミーティングがあったりして予定はパンパンでしたが、
今は卒業式の準備や飲み会で忙しいです。

やはり、この一年で築き上げた人脈に挨拶をして回るのは大変ですね(笑


さて、先日のボストン研究者交流会も無事終了する事ができました。
反響、評判は予想以上に相当良かったです。

MITの一室に100人ほどの方に来ていただき、一時間半に及ぶプレゼンをさせて頂きました。
今まであそこまで大勢の方の前で何かを発表した経験はないので、もちろん最高に緊張してました、、、、

でも、始まってしまえばペースを掴む事ができ、結局楽しく発表する事ができました。

笑いと真剣さのバランスをうまく混ぜ、程よい緊張感を一時間半の中で保つことができたと思います。

RIMG2498.jpg



質疑応答では色々と指摘した頂けたので、今まで気が付く事ができないような事にも気が付く事ができて、こちらも勉強になった感じがします。


「アツかったよ~!!」と言って頂ける方がたくさんいらして、どうやら「アツい」キャラが定着してしまったようです

んま、僕は教育には熱意が最も重要だと思っているので!!


発表会が成功したと感じたのは、やはり周りの方の感想で「わかりやすかった」と言って頂けたときですね。

僕は、いつも教育問題の議論が子供に届かない所で行われているのではないかという問題意識があります

そして、時には研究者わかりにくい言葉や難しい言葉などを使い、理解できないときがあります。

でも本来、教育問題や政策というのは子供にもわかるようにわかりやすく議論するべきだと思っています。

というのは、結局教育は子供のため!!
その子供に、どのような問題が所在しているのか、そして政策の趣旨は何なのかが理解させることができなければ、僕はその議論は失敗!だと思っています。

なので、僕自身いつも発表や議論をする時には、相手になるべくわかり易くするようにしております。
その点においては、発表後に「わかりやすかったよ」と評価されることは本当に嬉しいです。

あとは、発表会の後の懇親会でも色々な方がテーブルで教育の話をされているのを耳にすると発表した意味があるな~と思います。

もちろん、教育政策を考える事は大切ですが、僕は最も大切なのは国民の意識を変える事だと思います。

教育が日本にとってどれだけ大切なのか、一人ひとりが考えるべきなのです。

なので、その認識を少しで僕の発表でも広げることができて良かったです。

**

留学生活も残りわずか!!
応援よろしくお願い致します。
        ↓↓
人気ブログランキングのクリックお願いします



プロフィール

夏男

Author:夏男
体育教師がハーバード教育大学院に合格!
今後、日本の教育に貢献できるように精一杯頑張りたいと思います。
このブログは「体育教師がハーバード目指す遠き道のり」の続編です。
何か聞きたい事があればメールください。
問い合わせ: naturalsprinter0714t[at]hotmail.co.jp

名前:夏男
所属:ハーバード教育大学院 教育リーダーシッププログラム(学校開発専攻)
Harvard Graduate School of Education
School Leadership Program
School Development Strand

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。